« 「パンテーン ナチュラルケアリフトアップミスト」使ってみました♪ | トップページ | 秋の夜長にスペインワイン「ヴィニャ・アルバリ・テンプラニーリョ」 »

2011年9月26日 (月)

彼岸花といつもの一日

Photo_5

彼岸花のシーズンですね~。

我が家の近所の雑木林や河川敷でも遠目で見ると赤く燃えるような花がポツポツっと松明みたいに見えて。
エレガントでとっても雅な花なのにそっと咲いてて、ワタシは大好きですconfident


近くに黄色い彼岸花も1株咲いていましたよ。


Photo_6

まだ咲き始めたところですね~。

この花本当の名前はヒガンバナ科の鐘馗水仙(ショウキズイセン)。 

でもやっぱ彼岸花は赤がイイかも。


Photo_7

ぺろぺろぺろぺろ・・・・・・

日向君、
今日は天気がイマイチで日向ぼっこはできなかったけどお気に入りのチェストの上で日課の毛繕い。


Photo_8

にゃ?cat


お外が気になる日向君。 毛繕い小休止。

この場所が猫たちに人気なのは外を通る人や庭に来る鳥さんが見えることも理由のひとつのようです。


Photo_9

ぺろぺろぺろぺろ・・・・・・


そしてまた毛繕いに戻るのです。。。



いつもと同じ一日。 

平和だね~delicious



Photo


ランキング参加中ですにほんブログ村 専業主婦 人気ブログランキング ここぷり CoRichブログウォッチ! ブログランキングくつろぐ くる天 人気ブログランキング

|

« 「パンテーン ナチュラルケアリフトアップミスト」使ってみました♪ | トップページ | 秋の夜長にスペインワイン「ヴィニャ・アルバリ・テンプラニーリョ」 »

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

黄色い彼岸花・・・。
珍しいすね。
日向くん・・・。
毛繕いと外チェックに忙しいすねwink

投稿: ミヤンビック | 2011年9月27日 (火) 00時17分

ミヤンビックさま>毛繕いに夢中そうでも、お外チェックも欠かせないようですよw

彼岸花、黄色いのは本当は彼岸花ではないんですよね。同じ仲間だけど。
白彼岸花もきれいですよね。
同じ仲間のアパガンサスは青紫でこれも綺麗~。

投稿: しま | 2011年9月27日 (火) 01時24分

黄色い彼岸花は珍しいですね。

大抵黄色い花ってとっても元気をくれるイメージですけど、彼岸花の黄色ってそんなイメージがあまりない感じ。私もやっぱり赤が彼岸花らしくっていいかな。

ニャン子もこのとっても爽やかで過ごしやすい季節を満喫してますね。
少しずつ柔らかくなってきたお日様とは仲良く出来るもんね(*^_^*)

投稿: Anne | 2011年9月27日 (火) 09時09分

うん、平和だねぇ。
平和が一番さ。
破けた障子紙もなぜか絵になってる・・・不思議だわ^^
猫はお外が見えるお家が必死条件らしいものね。

投稿: mu.choro狸 | 2011年9月27日 (火) 13時07分

彼岸花ってブローチにしたいくらい
芸術的な形をした花ですよネ♪
黄色は始めて見ました~

日向くんたち、すっかり しまさんちの
猫ちゃんですネwww

投稿: ミミィ | 2011年9月27日 (火) 16時24分

彼岸花、その端正なつくりに心引かれます。
私も赤い彼岸花がいいな~。

何事もなく平和が一番だよね。日向くん!

投稿: ゆうき | 2011年9月27日 (火) 22時02分

Anneさま>今日通りかかったら黄色いヒガンバナ綺麗な満開になってましたよ。

この季節と春先が猫にとっても人間にとっても一番心地良い季節かもしれませんね。

投稿: しま | 2011年9月28日 (水) 00時08分

mu.choro狸さま>あはは!
破れ障子が絵になりますか~^^;

お外が見える家?
マンションなんかだとベランダの手すりが高くて見えない、なんてこともあるのかな。
人間もお外が見えないとストレスですよね~。

投稿: しま | 2011年9月28日 (水) 00時10分

ミミィさま>北海道にも彼岸花は咲きますか?
本当に美しい形をしていますよね。
昔の人はこの花を縁起の悪い花だと忌み嫌ったと。
辛い時代もあったのですよね~。

投稿: しま | 2011年9月28日 (水) 00時11分

ゆうきさま>何事もなくいつも通りの時間が一番ですね^^
ぼー・・・っと何もしないで過ごすのも良いですw

投稿: しま | 2011年9月28日 (水) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「パンテーン ナチュラルケアリフトアップミスト」使ってみました♪ | トップページ | 秋の夜長にスペインワイン「ヴィニャ・アルバリ・テンプラニーリョ」 »