« 思い出 | トップページ | ワタシのウォーキングのパートナー 「サンジェミニ」 »

2011年5月12日 (木)

甘ったれ

Photo

一昨日までの暑さが嘘のように肌寒いぐらいの八王子。

すももさん、朝からベッタリ。 膝の上から離れません。
小虎が具合が悪い間どうしてもあんまりかまってあげられなくて、
夜、寝室で一緒に寝ようって誘いに来ても、小虎がトイレや水場のあるリビングで寝るっていうときはワタシもリビングのコタツで寝たりしてたものだからすももさんにはガマンしてもらってて~。
だからその分いっぱい甘えてるんだよねぇ~、きっとcatface

ハナはね、案外マイペース女で人間のそばじゃなくても全然大丈夫でいつもひとりで好きな場所を転々としながら寝てるのでその点ではガマンしなくても良かったんだと思うんだけど。
でもまだ今朝も小虎を探して鳴いてたなぁ~。。。

小虎が使っていた食器を片付けたり、10年物の猫トイレも新しいものに取り替えたいな~と思っているのですが。

猫白血病ウイルス感染症(FeLV)のウイルスは、唾液や排泄物から感染するのだけれど1度や2度の接触では感染しないといわれる感染の機会は多いけれどそれほど強いウイルスではなくて(現にすももさんは4年一緒にいて今のところ陰性なわけで。毎日ベロベロに舐められていたハナですら2度の検査とも陰性だったし。)、猫の体外では乾燥した場所では数時間、湿った場所でも2~3日しか生存できないといわれています。 だから宿主が死んでしまったらもう感染についてはあんまり気にしなくても良いのです。 獣医さん曰く”気になるなら”「ハイターを薄めた液で雑巾掛け&その後綺麗に水拭き」するか「ペットが舐めても大丈夫な除菌スプレー」でも良いそうで。
慌てて5種のワクチン打ったけど、結局は打たなくても良かったのかも~coldsweats01 リスクも色々言われているし~・・・sweat01 とも思ったりして。

小虎がいなくなったことがハナはまだ良くわかってないみたいだし、一気にあれやこれや環境が変わるのもストレスになるかな、と思って~とりあえず餌皿は片付けたけど小虎のスペースはそのままにして、猫トイレも様子を見つつでいいかなぁ・・・と。


Photo_2

獣医さんから届いたお供えのお花tulip
お心遣いありがとうございます。


tv 朝からテレビでタレントの上原美優さんが自殺した、と報道されているのを見て
命がいらないなら小虎にくれればよかったのに~、 って思った。
どういう理由か、何があったのかわからないけれど、生きたいと思っても生きられない命もあるのだから絶対に自ら命を絶ってはいけないのですよ。
お母さんが亡くなって悲しいという気持ちを持っていたのなら、あなたが死んで同じように悲しむ人がいることも知っていたでしょうに。
24歳。 まだ人生これからなのに。
命は大切にしないといけないのですよ!
なんか、悲しいね。




さぁ!ワタシのブログも通常営業!?に戻りますねrock



Photo


ランキング参加中ですにほんブログ村 専業主婦 人気ブログランキング ここぷり CoRichブログウォッチ! ブログランキングくつろぐ くる天 人気ブログランキング

|

« 思い出 | トップページ | ワタシのウォーキングのパートナー 「サンジェミニ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

初コメントよろしくお願いします
猫ちゃん可愛いですね

拝見しましたが上原美優さんは命が要らないから自殺されたわけではないと思いますよ?
辛くてどうにもならないことは本人にしかわかりえないことです
限度は人によっては違いますしその人自身の感覚になってみないとわかるものではありません

自分は自殺を推進する気はありませんが
「死にたくて死ぬから自殺する」なんて他人の死を結論づける考えはあまりに安易で幼稚な発想ではないでしょうか?

いけないからいけないではなくていたたまれなくなるほど辛い
どうにもならいくらい苦しい
「でも自殺は良くないから死ぬな」
そんなこと本当に苦しんでる人間に押し付けること誰にもできないのではないでしょうか?
正論が全て真実や現実ではないのです

それでも死ぬ日まで必死で生きたことにもちゃんとした意味はあるのです

上原美優さんががんばって生きてきたことは自殺したことで取り消されるべきではないでしょうし
「自殺したから要らなかった命」となるのはあまりに乱暴な考えではないでしょうか?

本当に上原美優さんいろいろ一生懸命にされてたのにとても残念です

自分は上原美優さんのファンとまではいえませんが彼女がテレビでがんばって活動されていたのを見て彼女はお母様の死や様々な面で不安定な雰囲気がしていたのでショックでもありますが意外な感じがしなかったのですが
やはり若すぎる死は残念でなりません

猫ちゃんのお体お大事に…
長文で失礼致しました


投稿: のあ | 2011年5月12日 (木) 15時00分

遅くなりました・・・
言葉になりません。
小虎ちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。
天国でみんなと楽しく過ごしてくださいね。

投稿: コトママ | 2011年5月12日 (木) 15時17分

元気を出そうと自分に言い聞かせているしまさん。
頑張らなくてもいいよ!
いなくなったペットのあれこれを片付ける時ってなんともいえなく切ない。
言葉を話せない すももちゃんやハナちゃんの行動が愛おしい。
 命を子虎に欲しい、わかりますよ。
今のしまさんにとってはそう思うよね。
当分思い出が次々になりますが・・・
またタローみたいに足元をすり抜けてくれますよ。
ご家族の悲しみは大きいでしょう、思い出話を沢山してあげてね。

投稿: せせらぎ | 2011年5月12日 (木) 16時18分

しまさん、つらい時 切ない時はムリして頑張らなくて
いいですよ。
泣いたってぼーっとしてたって。。。
すももちゃんやハナちゃん、言葉は話せないけど
きっとしまさんの事心配してますよ。
上の文のしまさんの思い、
わかります。

投稿: ミミィ | 2011年5月12日 (木) 16時45分

のあさま>いらっしゃいませ。

人それぞれ感じたことはあると思います。 のあさんにはノアさんのご意見があって当然です。それと同じように私には私の意見がありますし、上に書いたことは今のワタシの気持ちです。
上原さんに関しては私もここのところテレビなどで見た様子から不安定だな、と感じてはいました。 
記事をよく読んでおられないようですが、ワタシの家の猫は闘病中ではなくて亡くなったのです。

ぜひ次にコメントを下さる時にはメールアドレスなりブログURLなりを記入してくださると嬉しいですね。

投稿: しま | 2011年5月12日 (木) 17時16分

コトママさま>ありがとうございます。
何か、居るようででもやっぱり居ないわけで~さみしいですね。

投稿: しま | 2011年5月12日 (木) 17時18分

せせらぎさま>もらえるものなら何でも欲しいですよ~。
それで健康になって戻ってくるのなら。
そうは行かないのが悲しいかな、現実ですが。

投稿: しま | 2011年5月12日 (木) 17時20分

ミミィさま>買い物行ってきましたよ~。
ここのところ早歩きや小走りで大急ぎで買い物することが多かったから、本当に久々にゆっくり買い物できて近所だったのに家に帰ってみたら2時間も経っていた^^;

投稿: しま | 2011年5月12日 (木) 17時23分

一昨日までは夏を思わせる暑さだったのに、昨日になって一気に寒くなりましたね。
しまさん、体調の方は大丈夫ですか?
悲しい思いをした直後だけにお体を悪くされていないかと心配しています。

あまり無理をなさらず少しずつ少しずつ元気になってくださいね。

投稿: ゆうき | 2011年5月12日 (木) 19時58分

ゆうきさま>また明日は暑いようですね^^;
東京29度の予報が・・・!

お体は壊れてませんよw
ただ眠い~。
夜眠れてると思うんだけどなぁ・・・。

投稿: しま | 2011年5月12日 (木) 20時41分

すももちゃん、きっと小虎ちゃんがいないこともわかっているんだと思います。
だから淋しくて甘えているような気がします。
ハナちゃんは、まだ小さいから小虎ちゃんがどこかに隠れていると思っているのかも知れないですね。
私も、あの頃は、ニャン太郎を助けたくて本当に石にかじり付いて指の爪が全部剥がれるくらい苦しんだことを思い出します。
でも最期まで生きてくれたニャン太郎にいろんな事を教えてもらったような気がします。
そして、小虎ちゃんにもいろんなメッセージをいただいたような気がします。
ありがとう、小虎ちゃん。

投稿: まつぼっくりでございます。 | 2011年5月12日 (木) 21時37分

小虎ちゃん。
沢山の人や仲間に愛されてたのね。
大丈夫。
お空に行っても心は皆と一緒だよ。
だから一人じゃないよ、寂しくないよ。
ちょっと撫でてあげられないだけ。
思い出いっぱいあるよ。

しまさん。
無理しないで、すももちゃんとハナちゃんに沢山甘えて
癒されて、悲しみを分け合って乗り越えて欲しいです。
うまく伝えられないけど・・・

自ら命を絶つ状態の時って、理性も効かない状態になっているそうですね。
だからこそ命を絶てる。
残された周りの人達のショックは、どれ程のものでしょう・・・
もうこれ以上、無意味な悲しいことは増えないで欲しいです。

投稿: あたし | 2011年5月12日 (木) 21時58分

こんばんは!
小虎ちゃんがんばったのにダメだったんですね。
しまさんも去年のタロー君に引き続きで
お辛いでしょうが無理されませんように。

上原さんは私の最近TVで拝見しましたが
ちょっと精神的に不安定かなと思っていました。

息子と変わらない年代の方が自殺なんて
他に方法がなかったのかと思います。

投稿: patapataokan | 2011年5月12日 (木) 22時13分

そんなに簡単に忘れられませんよね。
私も主人に見つからないように風呂に入るたび泣いていました。
2年たっても次の猫ちゃんが来ても写真もそのまま飾ってあるし、本当は庭とかに埋葬したほうがいいらしいけど団地では庭もないしまだお骨も手ばなせず、そばにおいています。
どんな命も無駄にしてはいけないんですよね。

投稿: レオママ | 2011年5月12日 (木) 22時19分

まつぼっくりさま>すももはタローも見送ってますからねぇ~、きっとわかってると思いますよ。
小虎が死んでしまったらしばらくは近づこうとしなかったですもの。タローのときは耳の毛が全部抜けちゃったけど今度はどうかなぁ・・・?今のところ見た目の変化はなさそうだけど気をつけてあげないと、ですね。
ハナはきっといつもならお母さんと一緒に病院へ行って帰ってくるはずの兄ちゃんが見当たらないからおかしいと思ってるんじゃないかな~?

でも、本当にあっけなく逝ってしまいました。

投稿: しま | 2011年5月12日 (木) 23時14分

しまさんに頂いた3匹がベランダの手すりに並んでいる写真の待ち受け、携帯を開けるたびに、猫さんたちにも、しまさんたちにも、それぞれまだ小虎くんがいた空間の余韻があるんだろうなと何度も思いました。

私も実家で飼っていた犬が死んだときには、もう既に結婚して家を出ていましたが、実家に帰るたびにまだ居るような気がしていました。
家を建て直しても、鎖の首輪の音がした気がして家族で振り返ったりね。色々思い出しました。もう10年以上前の話ですが。


心残りはあまり写真がないことかな。(その頃はデジカメなんてなかったから)そんなに写真も撮ってなかったんですよね。もっと撮ってればよかったなぁ。ハムスターは結構写真撮ったんだけど。

投稿: こらそん | 2011年5月12日 (木) 23時18分

あたしさま>ありがとうございます。
タローのときは獣医さんが「一番苦しくて可哀想な病気だよ。」とおっしゃっていた通り苦しい期間が長くて見ているほうも何も出来なくてお互いに辛い時間が長かったので今回も覚悟していたのですがあっという間に逝ってしまって~。

投稿: しま | 2011年5月12日 (木) 23時18分

patapataokanさま>自分の子供と歳が近い人が亡くなるとなおさら心が痛みますね。
残された親御さんの気持ちを考えてしまう。
子供を見送るのはイヤだなぁ・・・。

投稿: しま | 2011年5月12日 (木) 23時20分

レオママさま>去年、タローの時はタローの置き土産?で旦那が骨折してワタシに忙しい時間と、ひとりでめそめそする時間を与えてもらったんですけどねw

我が家もお骨、棚の中にありますよ。庭に~と思っているのですが引っ越すことになったら嫌だな・・・と思ったら埋められなくなっちゃって~。

投稿: しま | 2011年5月12日 (木) 23時23分

こらそんさま>気配ってするんですよね。不思議ですよね。
温度があったりもする。

写真はね、タローも小虎もたくさん撮ってあるのよ^^
特に最後の数日分はそれはたくさん。
でもこの写真はワタシだけの宝物。門外不出なのよ~。

投稿: しま | 2011年5月12日 (木) 23時30分

はなちゃんも辛いですね。
ミャウとチャイも仲が悪いのかと思えば、ちょっとお互いが見えないだけで探しまわっています。

上原さん、残念でした。
多分死ぬ時に、自分の命が要るとか要らないとか考えられないのでは?と思います。
もう、楽になりたい・助けて下さい、という気持ち?
自殺出来る人はいいよな~なんて思ってしまう、弱い自分です。

投稿: ササエ | 2011年5月13日 (金) 07時27分

ササエさま>仲が悪く思えてもいないと不安なんですよね。
今回は亡くなるまでが早かったので理解できないまま・・・だったんでしょうね。

投稿: しま | 2011年5月13日 (金) 10時26分

すもも嬢はタローくんも小虎っちも見送って
きっと今は寂しくて甘えたいのかな?
すもも嬢、うんと甘えていいんだよ~~~heart04
甘ったれてても 甘ったれてないような顔が
さすが すもも嬢shineって感じです(笑)

投稿: TとK | 2011年5月13日 (金) 14時47分

私なんかミームがあちらへ行ってからもう4年も経つのに未だに思い出すと涙が出ちゃってる。
無理に元気にしないでたくさん泣いてもいいよ!

すももさん、おかあにゃんのそばにいてあげて。
ハナちゃんのことがいとおしく思えます。
そして、ハナちゃんがしま家に来たのはやっぱり運命だったのだなって
思うの。すももさんと、家族のために!

24歳の命。自分の息子と同年代の娘さんが命を絶つなんて・・・
残念です。

投稿: つきみぃ | 2011年5月13日 (金) 17時51分

TとKさま>すももさん、ずーっと一緒に居ますよ。私がいるときは一緒に行動~ですね。
今月の末に健康チェックに連れて行く予定なので。体調崩さないでくれると良いのですけどね。

投稿: しま | 2011年5月13日 (金) 21時25分

つきみぃさま>小虎はハナがきて本当に喜んでましたからねぇ。
すこーしずつ寄っていってすぐに面倒を見出して、でも具合が悪くなってくると少しずつハナと距離を置いて独り立ちさせて。
病気も誰にも移さずに。
ハナは、大好きな次男坊の部屋に入り込んで甘えていたりしています。 寂しいんでしょうね。

投稿: しま | 2011年5月13日 (金) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思い出 | トップページ | ワタシのウォーキングのパートナー 「サンジェミニ」 »