« 経験不足? | トップページ | 温かすぎる12月 »

2010年12月 3日 (金)

綿玉状のコラーゲン「Collagen Filato」プレス発表会に行ってきました。

Photo

「Collagen Filato」プレス発表会に行ってきました。

「Collagen Filato」(コラーゲン フィラート)はミドリ安全グループのミドリホクヨー株式会社が販売する化粧品ブランド「Filare」から12月1日に新発売になったコラーゲン化粧品なんです。
プレス発表会は広尾にあるミドリ安全ビルで行われました。

「ミドリ安全って、あれっ???」 って思った方もいらっしゃるかな?
知る人ぞ知る、安全靴やヘルメット、ワーキングウェアなどを製造・販売している会社です。 そのグループ会社であるミドリホクヨーは自動車の本革シートなどを作っている会社。
その会社が化粧品を開発した、なんてあまりに結びつかなくてビックリ!wobbly


控え室で開始までしばし待った後、プレス発表会の会場に案内されました。
すると~・・・・・・


Photo_2

暗ーい部屋にキャンドルの灯りがポツポツと灯る中、目の前に運ばれてきたのはお皿の上にスプーンが2本・・・何かスプーンに載ってるみたい?


Photo_3

ひとつのスプーンにはまん丸の小さな玉が。

これを手のひらにとってもう一本のスプーンに載っていた透明な液体をかけて混ぜ合わせると、あっという間にとろっと溶けて~、手と首に塗ってみた。

うわぁ!なんだか指の間がベタベタするぅ~~sweat01

ここで部屋の照明がパッとflair スイッチオン♪


Photo_4

お隣の席の方が明るくなるまで待って提供されたままにしておいてくれたスプーンには、こんな風に綿みたいな玉と透明な液体が。

「ワァ!なんだろうね~、この綿は???」
なんていっているうちにさっきまでベタベタだった指の間はすっかりすべすべサラサラに。


Photo_5

そう、これが 化粧品ブランド「Filare」から新発売のコラーゲン化粧品「Collagen Filato」


Photo_6

コラーゲンは三重らせん構造なのだそうですが、とても熱に弱くデリケートなためこの姿を保ったまま消費者の手元に、というのはとても難しいことなのだそうです。
ミドリホクヨーでは24年に渡る開発の結果三重らせんを保ったまま化粧品にすることに成功。

この綿玉ひとつが一日分なのですが、これだけで一般的なコラーゲン化粧水一本分に相当するコラーゲンが含まれているのだそうですよ。


Photo_7

さきほど綿玉に加えた透明な水はヒアルロン酸が配合された専用のローション。
こうして出来上がった高濃度コラーゲンのジェルは肌の上に潤いの幕を作ってくれるんですって。
三重らせんのコラーゲン↑↑と三重らせんが壊れてしまったコラーゲン↑↑では膜ができる・できないのハッキリした違いがあるんですねー。


Photo_8

シソの葉っぱに 上はCollagen Filatoを塗ったもの、下は塗らなかったもの。
膜を作ることで24時間でこんなにも水分保持に差が出てくるんですね。
膜を作って水分を逃さない、なんてアンチエイジングの強い味方になってくれそうです♪


コラーゲン水溶液かららせん構造を壊さず水分を抜き、使用するときに瞬時に水に溶けるコラーゲンを作る = 微細繊維化技術 は、ミドリホクヨーが開発した世界で始めての技術なんですって!


Photo_11

この発表ではミドリホクヨーの社長・会長・化粧品事業部の方からのお話のほか、ゲストに女優であり、妻であり、母でもある 三田寛子さんがいらっしゃいましたよ。

「家族が寝静まって~夜寝る前のスキンケアは、目を閉じてゆったりとその日一日のことを思いながら・・・、ゆったりとすることでメンタルの面でもプラスになっていると思う。」
と、おっしゃってました。
お忙しい方ですから、ある意味自分へのご褒美の時間なのかもしれませんね。


Photo_9

お土産にCollagen Filato30を頂きました。
うれしい♪ たっぷり使えそうhappy01


    Filare

Collagen Filato のご購入は、HP、FAX、郵便で。
↑↑詳しくはHPをご覧くださいね♪↑↑

|

« 経験不足? | トップページ | 温かすぎる12月 »

ブログスカウト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 経験不足? | トップページ | 温かすぎる12月 »