« 2008年7月10日 | トップページ | 2008年7月12日 »

2008年7月11日

2008年7月11日 (金)

小虎 その後の7~出たーーー!

711neko_010

で・出たーーー!!!

何が?って
小虎の膿が出ました。

今朝からしきりにお腹のしこりを気にして舐めているなぁ、いつもは毛に隠れている傷が見えるなぁ・・・
と思っていたんです。

キャリーに入れて病院到着。
診察台に乗せるとしこりの周りの毛が濡れて黒っぽく見えます。

傷口が大きく開いて膿がどんどん出てきているではありませんかup

711neko_005

見たくない方もいらっしゃるかと思いますので、詳しくご覧になりたい方のみクリックして拡大してご覧くださいませ。

朝から少しずつ膿が出始めていたようで、昨日までとは違い
元気に階段を駆け上ったりしてたんですよね。
膿が出ると格段に楽になりますから・・・。

コレを見て先生も、怖い病気の心配はたぶんなさそうだねー、とのこと。
診察中にもボコボコ湧き出してきていて絞るまでもなく。
洗浄と消毒、抗生剤の注射をして終了。

猫のケンカ傷はすぐにわかることは少なくて、
2~3日から1週間、10日後ぐらいになって膿み出して傷口が赤くわかるようになってくることが多いそうです。
小虎の場合も昨日あたりから他にも細かい傷がたくさん見つかり始めました。
今回膿が出た一番大きな傷の近くにも昨日気づかなかった細かい傷がいっぱいwobbly

先生の話では、ケンカというよりも一方的に襲われた感じの傷だそうで
お腹より後ろに集中していることから逃げるときに噛まれたらしい、とのこと。
タローみたいに向かっていくタイプは頭に傷ができるのだそうです。

・・・そうそう^^;タローはいつも目元・口元・耳・鼻・・・だもんな・・・


かなり深くまで噛まれているから

・・・穴も直径3ミリぐらいあったもの^^;大きくてびっくり・・・


「相当痛かっただろうなぁ、
きっと、”○○に噛まれたんだよぉ、痛いよぉ”ってずっと訴えてたんだろうねぇ・・・」
ともおっしゃってました。
私もそのとおりだと思いますdespair
時々私の目を見て何か一生懸命伝えようとしていたもの。
猫語がわかればなぁ~shock

他にもたくさんの傷があるので

・・・まだ、しこりになっているところもあるし・・・


また発熱したりもっと腫れてきたりすることもあるかもしれません。
しばらく通院して消毒と経過観察しましょう、とのこと。

お腹のタプタプした炎症反応はそのうち体に吸収されてなくなるそうです。


711neko_004
cat 小虎っち、
こんな姿になっておりますが
本猫いたって調子がよろしいようです。

抗生剤を投与しているので穴が開いていても細菌感染の心配はないそうです。

もうしばらくは治療に掛かりそうです。

でも、とりあえず大変なものではなかったことと原因がわかったこと、
なにより小虎が辛そうでなくなったことでほっとしました~dash


flair そうそう
ここ数日、小虎観察を念入りにしていたら思わぬ発見がsign01
最初の写真をご覧ください。
なんとwobbly
先日まで1本だった黒ひげが2本にsign01
さらに茶色のひげまで出現sign03

ほえええ~~sweat01
三毛ひげ???
・・・てか、そんなのあるのかな?^^;・・・


711neko_002
買い物の道すがら見つけた

アガパンサス

涼しげな薄紫にストライプ。

どんよりとした梅雨空に映えますね。

Photo_2Photo_2


ブログランキング参加中です→ → →にほんブログ村 猫ブログ
 CoRichブログウォッチ! ブログランキングranQ  ブログランキングくつろぐ

| | コメント (30)

« 2008年7月10日 | トップページ | 2008年7月12日 »