« 36度ってなに!? | トップページ | サントリーからトマトのお酒「TomaToma」 »

2007年8月 5日 (日)

若者たち!仕事について悩んだら「働く若者ネット相談事業」

Yotuba_2ニートだとかフリーターだとかって
若い人たちのことが話題になっているけれど、
いざ仕事に就いても
中学、高校、大学の卒業後、3年以内に離職する割合は
それぞれ 約7割・5割・3割も!
これを「七五三問題」って言うんですって。
知りませんでした (^。^;)

確かに3年っていうのは一つの区切りなのかもしれませんね。
中学卒業後3年で、高校に通っていた仲間が卒業する。
転職するならそれまでに・・・って思うのかもしれない。
高卒なら20歳を意識するのかもしれない。
大学なら、25歳。
早い人ならそろそろ結婚を考える頃・・・。

最も前向きな理由じゃなく、止む終えない理由でもなく
大した理由もなく、なんとなく職を離れてしまうことも多いのだそうですよ。
若ければ若いほどその傾向があるように私は感じますが・・・。


「働く若者ネット相談事業」は、厚生労働省の委託事業。
仕事上の悩み・問題の解決、そして仕事での夢の実現ができるよう
キャリア・カウンセリングを通じてサポートしてくれます。
一人ひとりの持つ興味や価値観、能力や特性を考慮しつつ
専門家が相談にのってくれるのです。
専門のカウンセラーもプロフィールから自分で選ぶことも出来るんだそうですよ。

カウンセリング方法も、Web、電話、TV、対面の4つの方法の中から
自分に適したものを選ぶことが出来ます。

そして、カウンセリングは無料。
どんな些細なことでも気軽に相談してサポートしてもらえます。

キャリア・カウンセリングを通じて、自身の興味や価値観等を
考えてみるのも大切なこと、必要なことなのかな、と思います。

そんな機会を得ることが出来るのが「働く若者ネット相談事業」なのですね。


Yotuba_2若くして社会に出ている人たちって、
身近に仕事について親身に相談に乗ってくれる、話を聞いてくれる人がいない
っていう人が多いように思う。
例えば、どう年齢の友達とか同じように早く社会に出たいくつも歳の違わない先輩など、
仕事の悩みや転職について相談しても結構軽いノリで
「辞めちゃえば?」って言われちゃったりしませんか?
以前勤めていた会社は、中卒で毎年一人二人採用していたのですが
一人の時よりも複数採用された時の方が、
辞めるのが早かったですね。
お前が辞めるなら俺も辞める・・・的な感じでしょうか。
かえって最初から一人で来ている子のほうが長続きしたりして。
でも、特に何か資格や技術が身につくわけではなかったので
定時制に通っている子は長くてもその卒業まで、
そうでない子でも3年は続かなかったかな。
まぁ、その会社では技術も何も身につけさせずに”若い子は使い捨て”のような対応をしているように私にも見えましたから、早めに見切りをつける・・・というのもアリかな、
とも思いましたけど・・・。

そんなことも、専門のカウンセラーに聞いてもらえたら
良いアドバイスがもらえるかもしれないし、
自分が抱えてるもやもやや疑問も解消するかもしれない。
一人で悶々とするよりも、言葉で発する方がきっといいんじゃないかな。


若者たち、覚えておいてね。
君たちの話を聞いてくれる大人たちがいるよ。

|

« 36度ってなに!? | トップページ | サントリーからトマトのお酒「TomaToma」 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 36度ってなに!? | トップページ | サントリーからトマトのお酒「TomaToma」 »