« クジラって、どんな動物? | トップページ | クジラが戻ってきた島 »

2007年5月29日 (火)

大切な南極

くじラブ・ワゴン 第8話は「大切な南極」

最近はホエールウオッチングも流行っていて
そのためにはどこへ見に行くか、というと
国内では、父島だったり沖縄だったり・・・
暖かい場所へ行きますよね。

でも、クジラがいる場所、と言われて一番に思いつくのってどこですか?
南極 ではないですか?
巨大な氷山とのツーショット・・・思い浮かびませんか?

あんな寒いところにいて、ずーっと冷たい海の中にいてどうして凍えないんだろう???

クジラの体温は私たちとほぼ同じ36度台なんですって。
でも、人間だったら海に入ったとたんに死んじゃいますよねぇ、きっと^^;
じゃあ何で、同じ体温の同じ哺乳類のクジラは大丈夫なのか???

第7話で登場した東京海洋大学の先生のお話では
クジラは厚いオーバーのような脂肪を沢山身にまとっているのだそう。
私もいっぱい身にまとっていますが・・・^^;
クジラの脂肪は随分と高性能なようですね。
そのたくさんの脂肪がアダとなり人間に目をつけられてしまったんですね。

それに、あんな冷たい海にもたくさんのオキアミがいるんだそうです。
クジラのえさであるオキアミが。
南極が夏になって氷が解けることによって水が薄まり、
植物性プランクトンが増殖、それをえさにするオキアミも増殖・・・
そしてそれがをクジラはじめ、南極に暮らす鳥などの命も育んでいる。
でも、子どもを産むのは暖かい海でないとダメなのだそうです。
私たちがホエールウオッチングのクジラたちは、この時期のクジラたちなのかな。
クジラたちは自分たちの人生のステージに合わせて
回遊しているんですね。

冷たい南極の海も、暖かい南の海も
クジラにとってはどちらも大切な場所なんですね。

まるで人間が、ライフステージにあわせて住み替えるような感じ。

ますます、親近感が沸いてきました^^
もっともっとクジラのことが知りたいな。

※BloMotion・キャンペーン参加記事


___________________________________
                                

ブログランキング参加中です→ → →
 CoRichブログウォッチ! ブログランキングranQ  ブログランキングくつろぐ

|

« クジラって、どんな動物? | トップページ | クジラが戻ってきた島 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クジラって、どんな動物? | トップページ | クジラが戻ってきた島 »