« 2007年5月27日 | トップページ | 2007年5月29日 »

2007年5月28日

2007年5月28日 (月)

元捕鯨船砲手を訪ねて... Part1

くじラブ・ワゴン 第5話では、
実際に捕鯨をしていた、砲手を20年に渡り務めていた長岡さんがお話をしてくれています。
捕鯨がとても盛んだった1950年代、南極海で捕鯨船に乗ってらっしゃったのだそうです。
世界各国がこぞって南極海のクジラを捕ってた時代で
オリンピック方式と呼ばれる漁法も取り入れられていたそうです。

映像の中で、当時の写真が何枚か見られるのですが
くれまでくじラブ・ワゴンを4話観てきた
私には、なかなかショッキングなものでした。

巨大なクジラがぐったり横たわっている姿、
獲ったシロナガスクジラの口の中に座っている人々の姿。

クジラそのものの姿も痛々しいのですが、
さらに痛々しいのが、どの写真に写っている人も満面の笑みであるということ。
得意満面、正義の味方が悪を倒したかのように胸を張って写っている人々。
当時はある意味英雄だったのかもしれません。
でも、今見るとなんだか不気味にさえ感じられました。
命のあるもの、感情のあるものを殺して
その亡骸のそばで笑ってるんですよ。
普通の人間の感情としては考えられないと思うのは私だけでしょうか。

わずか50年前には
そんな光景が世界中の捕鯨船で毎日のように行われていたのでしょうか。

この頃の乱獲では、最大のシロナガスクジラに換算して
毎年1万6千頭ものクジラを捕獲していたのだそうです。
そして恐ろしいことに、そのクジラたちは油をとったら廃棄処分されていたのだそうです。
外貨を得るために、戦争をするための油を得るためにクジラが犠牲になっていたのです。

クジラの肉が食用として注目されのは
その後、戦後の食糧難の時代になってからだそうです。
なんだか、可愛そうです。
戦争のために捕らえられて殺されてしまったクジラたち。

その後他の国が捕鯨をやめてからも
日本は南極海での捕鯨を続けていたんですよね。

何のためにクジラを捕るのでしょう。
油はもう必要ありません。
肉も必要ありません。

クジラを捕らなければならない理由って何なのでしょう?


※BloMotion・キャンペーン参加記事


___________________________________
                                

ブログランキング参加中です→ → →
 CoRichブログウォッチ! ブログランキングranQ  ブログランキングくつろぐ

| | コメント (0)

自分でできたらどんなに良いか・・・

万年ものすごい肩こりの私は整体やカイロが大好き♪
でも早々毎日通うわけにも行きません^^;
お金もかかっちゃいますからね。

自分でできたら、少しでも知識があったらいいだろうなぁ~、
整体 学校に自分で通っちゃおうかな、って思うこともしばしば。


東洋カイロプラクティック学院には
北区王子の東京本校と仙台市若林区の仙台校があります。
手技の本場、中国での研修や留学もサポートしてくれる
本格的な整体の学校なんです。

カイロプラクティックの技術だけではなく
東洋の思想である、経絡・経穴や気なども技術に取り入れてるんですって。
それぞれのよいところを取り入れて生かしているんですね。

深層筋調整テクニックという独自の治療法が慢性的な疾患に効果が見込めるとか。
もしかしたら私の肩こりにも効果があるかも~。

設立から25年、
本場中国でも高い評価を得ているのですって。
♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!

実技中心のカリキュラムで卒業後も即開業が可能だっていうから
これはすばらしいですね。
初心者でも大丈夫なんだそうですよ。

興味のある方は問い合わせてみてくださいね。

※BloMotion・キャンペーン参加記事
___________________________________
                                

ブログランキング参加中です→ → →
 CoRichブログウォッチ! ブログランキングranQ  ブログランキングくつろぐ

| | コメント (0)

クジラを救出した漁村に行って

四国を訪れたイヴァンさんとユキさん。
くじラブ・ワゴン第4話は「クジラを救出した漁村に行って」

第三話ではクジラを食べるというお話でしたが
今回は浜に打ち上げられたニタリクジラの子どもを
町の人々が海へ帰してやったという愛媛県大西町のお話。

クジラが打ち上げられていたのは3年前の冬。
時々ニュースなどで、クジラやイルカが入り江に迷い込んで座礁して
人間が必死に沖へ帰そうとしても何度も何度も戻ってきてしまって
結局助からない、という話を聞いたことがありませんか?

最初にこのタイトルを見たときに
私の脳裏をよぎったのは打ち上げられて死んでしまう
クジラの姿でした。

クジラが打ち上げられると食用にすることが多いのかな
とも思っていました。

だから、この映像を見て無事に海へ帰っていったということを知って
とてもほっとしました。
救助に当たった役所の人、猟師さん・・・
みんな優しい穏やかな表情でクジラのことを語っているのがすごく印象的でした。
瀕死の状態だったクジラを傷つけないように慎重に海へと移動させ
そのクジラが無事に戻っていった時にはどれだけうれしかったでしょうか。
きっとみんなそのときの光景を思い出しているのでしょう。
懐かしむようないとおしむような優しいまなざしで
私も本当に幸せな気持ちになれました。

第3話の記事でも書きましたけど
最近は居酒屋メニューの中にもクジラ料理があるのですよね。
一時は全然市場に出回っていなかったクジラがなぜ???
・・・と思っていたんです。

なんと!クジラの肉が余っているのだそう。
余っているのにまだ捕っているのでしょうか。

今出回っている肉は日本政府の在庫なのですって。
南極海のクジラ保護区で捕られたものが多いのだそうですが
その中には絶滅危惧種のシロナガスクジラも含まれているんですって。

何でそんなにクジラが欲しいんだろう?
絶滅危惧種まで捕らなくたって、余るほど捕らなくたって・・・。
調査捕鯨という名の下に乱獲になっていないのでしょうか。

命を無駄にしていないのでしょうか。

だからといって、第3話のクジラを毎日食べていた人たちが良くない、とも
言えないと思うのです。

もし、自分の目の前にクジラが打ち上げられていたらどうしますか?
食べちゃいますか?
海に帰してあげますか?

※BloMotion・キャンペーン参加記事

___________________________________
                                

ブログランキング参加中です→ → →
 CoRichブログウォッチ! ブログランキングranQ  ブログランキングくつろぐ

| | コメント (0)

クジラ、おばあちゃんの懐かしの味

くじラブ・ワゴン 第3話はクジラ料理が登場します。

題して「クジラ、おばあちゃんの懐かしの味」

第2話で登場した鋸南町のおばあちゃんが作ってくれたのは
クジラの竜田揚げとしぐれ煮、。
私も子供のころ食べたことがあります。
ご飯のおかずにはピッタリです^^

昔は毎日のようにこういったクジラ料理を食べていたそうですが
今では夏場に一回ほどしか食べられない、とおばあちゃんが言っていました。

クジラ料理初体験のイヴァンさんは恐々箸を伸ばします。
わかるような気がします^^;
文化が違うんですもの。
私がよその国へ行ってトカゲやサルを
「さぁどうぞ、召し上がれ」
と、笑顔でもてなされたら、食べないわけにもいかないし
きっとイヴァンさんと同じような反応をするんじゃないのかなぁ。

鋸南町には鯨塚というのがあって
猟師たちによって弔われたクジラたちの祠が並んでいます。
獲るだけではなく、クジラの命に対する敬う気持ち、みたいなものが感じられるように思いました。

もちろん祀ってあるとはいえ人間の手で命が奪われたことに変わりはありません。
でも、渋谷の街の人々のように、無関心でいるよりも
ずっとずっとクジラに近い所に心があるように思えました。

3話まで観て、やっぱりクジラを獲ること、食べることが
いいことなのか悪いことなのかわかりません。

今でも居酒屋さんや魚屋さんでクジラに出会うことがあります。
もし食べる機会があったなら、きれいに美味しく食べてあげないと
命に失礼だな、と思いました。

「いただきます」

は、命をいただく・・・ということなのですからね。

※BloMotion・キャンペーン参加記事

___________________________________
                                

ブログランキング参加中です→ → →
 CoRichブログウォッチ! ブログランキングranQ  ブログランキングくつろぐ

| | コメント (0)

古式捕鯨の町を訪れて

一つ前の記事で第一話をとりあげたネットTV番組くじラブ・ワゴン。
第2話「古式捕鯨の町を訪れて」も観てみました。

渋谷からスタートしたイヴァンさんとユキさんのふたりは
くじラブ・ワゴンに乗って千葉県安房郡鋸南町へ。
鋸南町は古くから捕鯨が行われていたところだそうです。
1500年代末~1600年代ごろから始まったこの漁は古式捕鯨と呼ばれるもの。
もともとは食べるためではなく、夜明かりを灯すための燃料とや農業用としての油を利用するためだったのだそうです。
その頃、肉は地元の猟師さんなどに分配され消費されていたのだそう。

知りませんでした。
クジラから油が取れることは知っていましたが
あくまでも食用として肉が一番の目当てだと思っていました。
欲しかったのは油なんですね。
これは捕鯨をしていた他の国々でも同じだったようです。
それともうひとつ、意外だったのが
捕鯨が地域の人々の生活を支えていた、というのに
獲ったクジラの数は年間7頭ほどだということです。

もっともっと沢山のクジラが獲られていたのかと思っていたのです。

クジラの乱獲は大航海時代の到来とともに17世紀に入って
イギリス、オランダ、デンマークなどが捕鯨を始めてからなのだそうです。

時代とともに、日本の沿岸からも段々とクジラたちが姿を消していったのですね。

今でもアラスカやインドネシア、北海道などの沿岸では
古式捕鯨が行われている所があるのだそうですよ。
彼らは、手漕ぎの船を出しモリや網を使った素朴な猟で
自分たちが本当に必要な分だけのクジラを獲っているのでしょうね。

鋸南町の高齢の方たちへのインタビューで
町に人たちが以前はクジラの肉を毎日のように食べていた、
と語っていらっしゃるのを見て、ちょっと複雑な心境になってしまいました。

自分もクジラ肉を食べていた世代ですが
賢くて愛情深いクジラたちの生態を知るようになり
そのクジラを食べる、ということにきっと抵抗を感じ始めているのです。

じゃあ、豚はいいのか?牛はいいのか?鶏はいいのか???
ということになってしまいますけれど・・・^^;

クジラを獲ること、食すことがいけないことなのか・・・

私にはわかりません。

でも、このくじラブ・ワゴンを見る事で考えさせられることがたくさんあることに気づいたように思います。

※BloMotion・キャンペーン参加記事

___________________________________
                                

ブログランキング参加中です→ → →
 CoRichブログウォッチ! ブログランキングranQ  ブログランキングくつろぐ

| | コメント (0)

クジラって知ってる?!

くじラブ・ワゴン って知ってますか?

クジラについての色々なことを教えてくれるネットTV番組で、
小さい頃から日本に親しみを持っていたという合気道の使い手
来日4年目のスペイン人のイヴァンさんと
広告やCDジャケットなどのイラストを手がける若きイラストレーター
ユキさんがクジラと捕鯨に関係する各地を訪ねてまわるというもの。

外国人のイヴァンさんには、日本人がクジラを食べる、という文化が
とても不思議なのだそうです。

くじラブ・ワゴン 第一話「クジラって知ってる?!」では
渋谷の街で道行く人たちにインタビューしています。

2002年の朝日新聞の調査では、”クジラ”と聞いて日本人がイメージするのは
1番が「クジラの料理」、そして2 番が「ホエールウォッチング」だったのだそうです。
それが2006年の日本リサーチセンターの調査では
「ホエールウォッチング」が1番、2番が「クジラの料理」と逆転しているんですね。

私は、小さい頃にクジラを食べて育った世代ですが
確かに今聞かれたら一番に思い浮かぶのは
決して「クジラの料理」ではないですね。
「ああ、そういえば子供のころベーコンや竜田揚げで食べたっけ。」
とは思いますが、今の私には”クジラ=食べるもの”ではないのです。

今回のインタビューではクジラ自体に興味がない、関心がない
という人が多かったことが印象的でした。
どういたことであれ、まずは興味を持つこと。
興味がなければクジラとの関係も良いものにはならないと思うのですよね。

クジラは魚ではなくて私たち人間と同じ哺乳類。
象などと近い生き物といわれています。
クジラの小型のものがイルカ。
とても賢く愛らしく、私たちを癒してくれる存在です。

クジラについて考えるきっかけの一つに・・・。

くじラブ・ワゴン 良かったら観てみてください。

イヴァンさんやユキさんと一緒に旅をしてみてください。



私も登録しています。 くじラブ・メンバー。

※BloMotion・キャンペーン参加記事

___________________________________
                                

ブログランキング参加中です→ → →
 CoRichブログウォッチ! ブログランキングranQ  ブログランキングくつろぐ

| | コメント (0)

« 2007年5月27日 | トップページ | 2007年5月29日 »