« 2007年1月28日 | トップページ | 2007年1月30日 »

2007年1月29日

2007年1月29日 (月)

リクルートの新しい求人サイト「リクナビ 卒業してからの就職」

そーっと就職活動中の主婦 しまです。

履歴書の写真を見るとピカピカの初めての就職活動を思い出します。
あの頃は今のように早い時期からは就職活動ってできなくて
私が動き始めたのも最終学年の秋になってからでした。
当時、「就職氷河期」とか言われていて特に女子は本当に求人がなかったんですよね。
学生課の前の掲示板に求人が貼りだされているのを
毎日のように見に行って、候補を絞って
履歴書を提出して・・・。
私は自宅から通っていましたからまだ良かったのですが
自宅外生の女子は殆ど門前払いでしたね。
求人票に「自宅外生不可」と書かれていることが多かったですよ。
今だったら差別で大問題でしょうが、あの頃はそんなことが当たり前だったのです。

私も数少ないチャンス、リキ入ってましたから履歴書の写真も
しっかり写真館で撮って修正してもらいましたもの。
今なんて、そのへんのインスタント証明写真で
多少曲がってても何でも使っちゃう^^;
あの頃は、まじめでけなげだったのに、年月って恐ろしいものね・・・
って ・・・( = =) トオイメ
今は写真では勝負できないけど、口はうまくなりましたよ~(笑)

Rikuruto リクルートが新しい求人サイト「リクナビ 卒業してからの就職」を1月17日にオープンさせました。

このサイトは既に大学を卒業してしまった方のための就職活動を
バックアップしてくれるのです。
既卒者の就職ってなかなか難しいものですよね。
一度就職したけれど転職をしたい人、
海外留学から帰ってきて就職先を探している人、
アルバイトや派遣をやってるけれど自分に合った仕事を探している人 などに

新卒者と同じ待遇で
4月入社を目指し
職務経歴がなく転職サイトを利用できない、利用しにくい


そんな人たちのための4月までの期間限定の求人サイトなんです。

新卒ではないために新しい仕事が見つからなくて
フリーターやニートになってしまう若者も多いと聞きます。
そんな人たちも「リクナビ 卒業してからの就職」を利用して
自分に合った仕事を見つけられるといいですね。

| | コメント (0)

レーシックっていいみたい

私がメガネをかけ始めたのは中学1年のときでした。
それまでは全く問題のない視力だったんですけどね。
それからはずっとメガネ・コンタクトの生活です。
裸眼では30センチ先も見えないから、お風呂と寝る時以外は
メガネは必需品です。
はずしても、すぐ近くの決まった場所に置かないと
見えないから探すことすらできません。
寝ている間に火事とか地震とかがあったら大変なことになりはしないかと
心配なんですよ。

最近知ったんですけど「レーシック」
先週だったかな、テレビでアメリカのレーシック手術をしている病院が出てたっけ。
アメリカではすごく普及している方法なんですってね。
日本ではあんまりまだ聞かないように思うけど。

でもね、この「レーシック」っていう方法は
視力の悪い人にとっては本当に素晴らしい方法だと私は思うんですよね。
短時間のレーザー手術でメガネやコンタクトレンズの要らない生活に
戻ることができるんです。
裸眼でしっかりものが見えるようになるんです。
今まで半ばあきらめていたお風呂でテレビも見られるようになるし
布団にもぐりこんでうとうとしながらテレビも見られるし・・・。
地震や火事でも足元が見えない~なんて心配もしなくていいし。

レーシックについて詳しくはこちら

神奈川クリニック眼科では、レーシック手術が受けられるんだそうです。
プロゴルファーの片山晋呉さんもここでレーシック手術を受けたんですって。

ここでのレーシック手術って最新機種のコンチェルトというもので
レーザーを5秒照射するだけなんですよ。
たった5秒でメガネから開放される、
私には夢のような話ですよ。

費用も高い方のイントラレーシック手術両眼で18万8千円。
私ぐらい視力が悪いとメガネ一つ作るのにも5万円以上かかりますから
18万円と言う金額は決して高いものではないのです。
さらにこの神奈川クリニック眼科では
術後3年以内の再診および再手術は無料で対応してくれるのです。
アフターケアがしっかりしていることは安心して手術を受けるために
重要なポイントだと思うのです。
今までに41000以上の症例を扱ってきたというのも
信頼できる証ではないでしょうか。

私自身もレーシックについて真剣に考えたいと思っているところです。

レーシックについて詳しくはこちらからどうぞ。

| | コメント (1)

糖尿病のお食事なら「ミールタイム」

私の両親は二人暮らし、
健康で、生活に支障があるようなことも幸い何もありません。
でも、去年の秋ごろから仕出し弁当のような夕食を宅配してもらっています。
二人分だと作るよりも色々な種類のものが食べられて
かえって割安だというのが一番の理由だそうです。
メニューリストには一般の食事の他に糖尿病の人向けのお食事も載っていました。
糖尿病食は自分で作るのは大変です。
カロリー計算をはじめ色々な制限がありますから。
ましてや、一人暮らしのお年寄りが・・・とかっていうことになると
自炊することは計り知れないくらい大変だと思うのです。
そういう人たちにとって
宅配されるお弁当は大切な存在ですよね。

地域によっては宅配してくれる所がないこともあるわけで・・・

そんな時に便利なのが「ミールタイム」
冷凍やレトルトのお料理を宅配便で届けてくれます。
メニューも豊富。
お値段も納得。
私が見ても美味しそうです。
揚げ物なんかも入っていて、カロリーは大丈夫なの?って
゚+.(ノ*`・ω・)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆ちょっと、カンゲキ!

糖尿病食の他にも、腎臓病食や通風食、
私に向いてそうな高脂血症食(ぁ、私高脂血症なんですよ^^;)などもあるんですよ。
あ、病気の人向け以外にも「単身赴任お食事パック」なんていうのもあるんです。
おかずだけ、ご飯・パンだけでも頼めるんです。
好きな組み合わせが選べるからメニューの幅も広がるんですね。

それと、
普通の宅配のお弁当だと毎日決まったメニューだけど
「ミールタイム」なら、数種類頼めばその中から好きなものを食べられるんですよね。
だから、今日は嫌いなものばっかりで食べられないや~
なんてこともないんですね。
好き嫌いの多い人には良いですよねぇ~。

最短で注文日の翌日配達、お問い合わせでは栄養士さんに質問もできます。

糖尿病食ならミールタイム

栄養士さんが考えたメニューですから安心ですよね。
主婦としても、日頃の食事のヒントになるので
このメニューは色々と勉強になりそうです。

皆さんもちょっと覗いてみるとよいですよ。


※BloMotion・キャンペーン参加記事


__________________________________
                                
ブログランキング参加中です ブログランキングranQ  ブログランキング くつろぐ

| | コメント (0)

« 2007年1月28日 | トップページ | 2007年1月30日 »