« 面白いよ 「クリエイターズ・ステーション」 | トップページ | あなたがいる しあわせ。第4回マイハピネスフォトコンテスト »

2006年12月27日 (水)

私の望む葬儀とは・・・家族葬のファミーユ

私の親族はみんな健康で比較的長寿なんです。
なので、ごく最近になって立て続けに祖父母、叔父、叔母と亡くなったんです。
年長の人が亡くなると葬儀への参列者は
家族やごく親しい人だけ、ということが多いですよね。
土地柄によっては盛大に送るところもあるようですが・・・。

前にも書きましたが
私は自分の葬儀の時は
ごく近い身内・・・パートナーや子供たち・・・と
本当に仲の良かった友人に送ってもらえれば良いと思っています。
ほんの10人ぐらいでこじんまりとできれば。
だってね、
大して付き合いもない町内会のだれそれとか、
顔も知らない主人の部下とか、
そういうお義理の関係の人に来てもらっても
うれしくもなんともないでしょ。

昨年送った叔母の葬儀は
親族だけで行いました。
生花で飾られた祭壇がとってもきれいでした。

つい先月の叔父の葬儀も親族だけ。

どちらも人の出入りが少なく
落ち着いてゆったりした気持ちでお別れすることができました。
喪主や他の親族とも、亡くなった人の思い出話を
ゆっくりすることができて良い御式でした。

ただ、どちらも気になったことが・・・。
親族しか参列しない予定の葬儀で
なぜ、一般の参列者の席が用意されるのか?ということです。
会場の半分が空席なんです。
レイアウトの問題とかあるのでしょうか?
もしも、の時のことを考えてなのでしょうか?

私の時には、家族の席だけ用意すればよいとの旨
遺言書にしたためておいた方がよさそうですね。
いや、生きているうちに自分でちゃんと打ち合わせしておいた方がよいかな。
自分の最後は自分の好きなように自分らしく・・・。

家族葬
これからの主流になっていくんじゃないかな。

|

« 面白いよ 「クリエイターズ・ステーション」 | トップページ | あなたがいる しあわせ。第4回マイハピネスフォトコンテスト »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 面白いよ 「クリエイターズ・ステーション」 | トップページ | あなたがいる しあわせ。第4回マイハピネスフォトコンテスト »