« 2006年12月26日 | トップページ | 2006年12月28日 »

2006年12月27日

2006年12月27日 (水)

あなたがいる しあわせ。第4回マイハピネスフォトコンテスト

大切な誰かと一緒に写真を撮りませんか?

その人と居るとしあわせっていう瞬間

思い出すとうれしくなるような

その写真を見た人が思わず笑顔になるような

そんな写真はありませんか?

Happy
明治安田生命 第4回マイハピネスフォトコンテストではあなたの「しあわせな瞬間」を撮った写真を募集しています。
家族、恋人、友人など2人以上を撮影した写真ならOKです。
人間と動物でも良いんですよ。
過去に撮影された思い出の写真でも応募できます。

郵送の他、パソコンや携帯からも簡単に応募できちゃいます。
グランプリ作品には旅行券50万円分をプレゼント。
入賞作品の一部は、小田和正さんの歌に乗って
明治安田生命のテレビCMでオンエアされます。

Happy2テーマは「私のしあわせ」
応募締め切りは2007年2月15日(木)

あなたのしあわせをみんなに分けてあげられたら素敵なことだと思いませんか?

明治安田生命 第4回マイハピネスフォトコンテスト <<< 詳細はこちらから

| | コメント (0)

私の望む葬儀とは・・・家族葬のファミーユ

私の親族はみんな健康で比較的長寿なんです。
なので、ごく最近になって立て続けに祖父母、叔父、叔母と亡くなったんです。
年長の人が亡くなると葬儀への参列者は
家族やごく親しい人だけ、ということが多いですよね。
土地柄によっては盛大に送るところもあるようですが・・・。

前にも書きましたが
私は自分の葬儀の時は
ごく近い身内・・・パートナーや子供たち・・・と
本当に仲の良かった友人に送ってもらえれば良いと思っています。
ほんの10人ぐらいでこじんまりとできれば。
だってね、
大して付き合いもない町内会のだれそれとか、
顔も知らない主人の部下とか、
そういうお義理の関係の人に来てもらっても
うれしくもなんともないでしょ。

昨年送った叔母の葬儀は
親族だけで行いました。
生花で飾られた祭壇がとってもきれいでした。

つい先月の叔父の葬儀も親族だけ。

どちらも人の出入りが少なく
落ち着いてゆったりした気持ちでお別れすることができました。
喪主や他の親族とも、亡くなった人の思い出話を
ゆっくりすることができて良い御式でした。

ただ、どちらも気になったことが・・・。
親族しか参列しない予定の葬儀で
なぜ、一般の参列者の席が用意されるのか?ということです。
会場の半分が空席なんです。
レイアウトの問題とかあるのでしょうか?
もしも、の時のことを考えてなのでしょうか?

私の時には、家族の席だけ用意すればよいとの旨
遺言書にしたためておいた方がよさそうですね。
いや、生きているうちに自分でちゃんと打ち合わせしておいた方がよいかな。
自分の最後は自分の好きなように自分らしく・・・。

家族葬
これからの主流になっていくんじゃないかな。

| | コメント (0)

面白いよ 「クリエイターズ・ステーション」

今日、ネットを彷徨っていたらちょっと面白い画像が載ってるサイトを発見してしまった。

可愛い猫のイラストもあり、動物の写真もあり、サイケデリックな「?」なものもあり・・・
何人もの人の作品が見られるみたい・・・。
えーっと、名前は「クリステ・ギャラリー」
なんだか面白いの。
ちょっと新鮮。
作者のプロフィールが付いてたから読んでみると
どうやら、これはクリエイター達が自分を売り込む為のページみたい。
なるほどね、魅力的な作品が並んでるわけだ^^
彼らの自信作なんだものね。

そもそもこれは、一体どこのサイトの一角なの?
と思って遡ってみると・・・
「クリエイターズ ステーション」
クリエイターズパートナーの株式会社フェローズが運営する、
プロフェショナルクリエイターを応援するサポートサイトなんですって。

(・0・。) ほほーっ
じゃあ、みんなプロなんだ!

グラフィックデザイナーゲームクリエイターなどなど
色んな方面のクリエイターさんがいらっしゃるようです。

他にも何かないかな~とサイト内を見てみると
「コラム・ザ・ちゃんこ」
というのが目を引いた。
なんだろう?相撲ネタかしら???と思いつつ見てみると
どうやらそうではないらしい。
サブタイトルは「食べると力の出る話、煮えてます」
色んな道のクリエイターさんたちがブログみたいな感じでコラムを書いてらっしゃる。
その中でCMディレクターのスズキシンイチさんが書いているコラムがなんだか興味深い。
最新回は「ギョーカイ用語の基礎知識」
CM業界で使われる専門用語?を五十音順で解説してくれている。
今回は「あ~こ」まで。
「行って来い」が「往復」という意味だなんて知らなかったなぁ~^^;
ところどころに私情が混ざっていて、これがまた面白い。
読み進めてゆくと知っている言葉も出てくる。
「けつかっちん」なんて、私たちでも時々使う言葉だよね。

他にもみんなが知ってる作品のクリエイターさんたちが
色々と参加しています。

クリエイティブじゃない人が見ても^^;面白いと思うので
是非!  オススメです。

| | コメント (0)

« 2006年12月26日 | トップページ | 2006年12月28日 »