« エコ灯油であったか生活 | トップページ | 光電子でポカポカ~ »

2006年11月 7日 (火)

メガネ・コンタクトにさようなら!レーシック・視力強制治療なら南青山アイクリニック

私はメガネ愛用のド近眼人間です。
どのくらい見えないのか、というと
メガネなしでは20センチぐらいまでしかピントが合いません。
入浴の時と寝る時以外はメガネなしでは生活できません。
階段は下りられないしパソコンだって何を入力しているのか全く見えないんですもの。

よく、困ったなぁ・・・と思うのは
美容院で雑誌を渡されたときですね。
メガネを外している状態では手元の雑誌もかなり近くに持ってこないと読めないのです。
下を向くわけにもいかないので大変なんですよ。
読まなきゃいいじゃん、って思うかもしれませんが
せっかく用意してくれたものだし、間ももたないんですね。

子供の頃は視力良かったんです。
中学に入ったとたんに下がり始め、社会人になる頃コンタクトに。
メガネやコンタクトなしで生活できたらどんなにいいだろうって
ちょくちょく思います。

南青山アイクリニック レーシック 手術で視力回復し、メガネやコンタクトの生活から
解放された人がたくさんいるんですって。
レーシックってレーザーを用いた角膜の屈折矯正手術のこと。
アメリカでは年間100万件以上の手術が行われているそうです。
手術は両眼で15分ほど。 痛みもないとか。
入院の必要もなく、手術後すぐに帰宅できるんですよ。
南青山クリニックはそのレーシック手術のパイオニアとして、芸能人、プロゴルファーなどにも利用されています。
今までに4万件以上の症例があるんです。

「ソフトコンタクトレンズを上まわるレーシックの実用視力」というトピックがあるのですが
それを読んだ所によるとソフトコンタクトレンズを使うよりレーシック手術を受けたあとの方が視力低下も少なく、ドライアイにもなりにくいとの調査結果が。
パソコンや読書で普段からドライアイが気になる人で、ソフトコンタクトを使っている場合、レーシック手術をすれば視力回復とドライアイ改善が見込めるのですね。

私もパソコンやりすぎ?でドライアイ気味。
視力とドライアイどちらにも効果があるならやってみたくなっちゃいますね。

2006年12月末日まで開設9周年記念キャンペーンとして
通常5000円の適応検査・コンサルテーションが無料で受けられます。

Ma_bn メガネとサヨナラするのなら
この機会を逃す手はないかも!

|

« エコ灯油であったか生活 | トップページ | 光電子でポカポカ~ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エコ灯油であったか生活 | トップページ | 光電子でポカポカ~ »