« 2006年5月14日 | トップページ | 2006年5月18日 »

2006年5月16日

2006年5月16日 (火)

FXってなんだろ?

「え?目薬の商品名じゃないの?」

と思ったあなた、私と一緒です。

実はFXって金融商品のひとつ。  「マネーパートナーズ」という会社がリーディングカンパニーの一社として紹介しています。

5月16日付の日経新聞に米村でんじろう先生を起用した、大きい広告が出ています。ご覧になった方いらっしゃいますか?  でんじろう先生が穴の開いたダンボールを持っている写真が載っている(煙草の煙を入れた箱の横腹を両手でたたくと輪になった煙が出てくる、あれです)黄緑色がさわやかな、優しい感じの広告です。 私はでんじろう先生好きでして^^自分の学生時代にこんな先生が実験教えてくれたらな、と思うこと常々。 わかりやすくて、楽しい実験をいつも紹介してくれるでんじろう先生が紹介する「FX」なる金融商品。  どんなものかというと・・・

「FX」 = 外国為替証拠金取引

といっても、よくわかりませんね^^;  取り扱い業者に一定の「証拠金」を預け、これを担保にして実際の預け金額より大きい額の外国為替取引を行う、というものです。  24時間いつでも取引が可能で、他の外貨建て金融商品より手数料が割安、などの特徴があります。

「FX」  まだ、あまり知られていないかもしれませんが、2005年7月には金融先物取引法の対象となり、金融庁の監督下に入り投資家保護の体制が整備され、より安心して取引ができるようになったこともあり、みなさんのまわりでも、実は「知ってるよ」「やってるよ」という人が案外いるかもしれませんね。

FXについての解説はこちら http://www.moneypartners.co.jp/beginners/index.html

|

« 2006年5月14日 | トップページ | 2006年5月18日 »