« 2006年3月31日 | トップページ | 2006年4月2日 »

2006年4月1日

2006年4月 1日 (土)

映画「リバティーン」

ジョニー・デップの最新作「リバティーン」が2006年4月8日から公開されます。

最近では、「パイレーツ・オブ・カリビアン」や、「チャーリーとチョコレート工場」などに出演しているジョニー・デップですが、とっても「目力」のある役者さんですよね。「眼光鋭い」という言葉がなんてぴったり!

今回の作品では、17世紀イギリスに実在した放蕩詩人、ロチェスター伯爵を演じています。伯爵は、天才詩人と謳われながらも、その傍若無人な振る舞いのため国王の怒りを買い追放されてしまいます。3ヵ月後、恩赦により釈放されロンドンへもどり・・・というところからお話は始まります。

「放蕩詩人」と聞いただけでジョニー・デップになんてぴったり!と思ってしまったのは私だけでしょうか!?

公開が待ち遠しいです。

Photo_8

|

諸事情により・・・

のっぴきならない事情があって

しっかり歩いております。

歩かざるを得ないのです。

移動するためには・・・。

そのうちお話しする機会もあるでしょう。

そんなわけで「7678歩」です。

・・・明日(あ・もう今日ですね)も歩きます・・・はい。

| | コメント (0)

住宅ナビ「街の扉」

住宅情報ナビ「街の扉」がリニューアルオープン。

人気の郊外一戸建てタウンを女性レポータがムービーで紹介しています。

なんといってもこの、「ムービーで紹介されている」というところが私のイチオシポイントです。今までも写真で紹介されているサイトはたくさんありましたが、ムービーははじめてではないでしょうか。郊外の広々とした分譲地の景色や生活に大切な近隣の様子、行きかう住民の方の姿などがムービーだと本当にその場にいるように伝わってきます。そして、この紹介されているそれぞれのタウンがほんとうにすばらしい。テレビドラマの舞台になりそうなおしゃれな雰囲気が漂った町並みばかり。どの分譲地も、都心へのアクセスもばっちり。通勤通学に便利です。出演されている女性レポータの方もとても自然な語り口で好感が持てます。

ムービーの中でも、住宅をお探しの方の一番の決め手になるのでは?とおもわれるのは実際にその分譲地にお住まいの方のお話が聞けるところですね。メーカーや工務店の方の話も参考にはなりますが、実際にお住まいの方の意見というのは何よりも有効なものでは?パンフレットやチラシには書かれていないようなちょっとしたことでも、生活するのにはすごく大切なことってあるでしょう?そんなことが聞けそうですよ。 これはウレシイ、大事なポイントですよね。私はこれが「いいなー」と思いました。

欲を言えば、夜の町並みも見たいかな、と思いました。

是非このリニューアルされた「街の扉」ムービーをご覧になってみてはいかがですか?

http://www.jj-navi.com/house/01/edit/shuto/jj/special/machi/index.html?vos=nmsjprsm10100031005000

http://www.jj-navi.com/shuto/

Ie

|

« 2006年3月31日 | トップページ | 2006年4月2日 »